園長先生からのあいさつ

無限の可能性をもつ乳幼児期には、精神的にも物質的にも、恵まれた環境で充分に遊ばせながら、心身ともに総合的に能力を、なおいっそう大きく伸ばすことが極めて大切です。

とくに、仏教…釈迦の教え…を中心に、優れた保育・教育環境と、恵まれた自然環境等を充分に活用し、心身のバランスのとれた適時適切な0歳児からの総合的諸能力の開発を目指し、少子高齢化社会を担う「豊かな心と丈夫な体と考える力をもつ子」を育成します。